企業的な新しい農業を!
ワクワク「新農業」に一緒に取り組むの仲間を
募集しています!

代表取締役 井出寿利

実際に見て、感じて、話そう!
農園見学会
人材育成~従業員満足~顧客満足までが私たちの仕事です

講師
代表取締役 井出寿利
対象者
リクルート(中途・新卒)、学生、弊社への就職を検討中の方
※応募希望ではない同業者の方、B to B取引が目的の方の参加はご遠慮ください。
※栽培の話も多少ありますが、栽培講習会ではありません。
開催日
・4月21日(日)
・5月5日(日)
・5月18日(土)
・6月2日(日)
時間
10:00~14:00
内容
  • 会社見学(水耕栽培技術、環境制御、生産性管理システム、農福連携、六次化など)
  • 社長セミナー「井出トマト農園の取り組み」と「採用情報について」
  • トマト料理orBBQで懇親会
費用
無料
スケジュール
9:30~ 倉見駅ピックアップ
10:00~ 挨拶、農園見学
11:40~ 会場に移動
11:50~ 農園見学会 13:30~ 個別相談会
14:00  中締め、駅へお送り
14:00~ 個別相談会の続き

なにをやっているのか

社会に貢献する魅力のある農業づくりが仕事です。
少子化の中、日本には世界トップクラスの技術力をもつ製造業があり、また、国内には大きなマーケット、ITインフラがあります。逆に言うと、人口減少は生産性を上げるためのイノベーションの機会がたくさんあるのです。
私たちの主業はトマト生産・販売ですが、日本の農業者が減少する中、IT化、ロボット化、持続可能なエネルギーの利用にチャレンジしなくてはいけません。ニーズをキャッチするためのマーケティングも大切な仕事です。そのために、井出トマト農園では新しい農業づくりの努力をしています。

(当社はトマト生産90年、創業38年、法人設立5年目。全社員数は60名。藤沢農場1.1haの施設と、富士高原農場0.4haにて、天敵昆虫を導入した低農薬を行っています。)

なぜやるのか

農のある幸せな社会の実現のため

ここ10年で私たちの食生活は激変をしました。いわゆるジャンクフードが巷にはあふれています。ミネラルたっぷりの自然でおいしい食品を供給し続ける義務があります。

日本人のトマト摂取量は一日わずか24.5g

体には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が重要です。緑黄色野菜は低カロリーで代謝に重要な役目をします。おいしさだけでなく機能面で人々の生活を豊かにできるトマト。
食べ方の提案や、ジュースへの加工、食べやすくおいしいレトルト食品の開発など私たちのトマトの提供方法も時代に合わせて変化させます。

どうやってやるのか

競合やマーケットのリサーチ

既存のやり方や、自社のやり方にとらわれない、企業的・戦略的な農業を行います

企業とのアライアンス

Win-Winの関係を築けるパートナーを大切にします

チームプレー

スタッフ一人一人の熟練と、チームプレーが不可能を可能にします

クラウド型システム「AGRIOS生産性管理」

畑作業を見える化する「AGRIOS」から抽出されたデータに基づいた判断をできる管理者を育成をします。
この販売事業は関連会社の㈱ファームオーエスで行っています。

会社とあなたの将来像

井出トマト農園の採用は、ミッション、笑顔、チームプレーができるかどうかを重視します

農場長候補(生産管理、数値管理、人員管理)

トマトの栽培方針を決めたり、外部気象の変化に応じて環境制御の数字を変更したりします。 細かい変化に敏感に、既存のやり方にとらわれずに対応できる方が向いています。

EC・荷造り販売(営業、事務、現場管理)

EC事業や、各顧客との窓口を担当していただきます。
また当社のこれからの未来の関係をつくる仕事です

荷造り販売の計画管理(営業、事務、現場管理)

「主力商品のトマト」をどう販売するのか。会社を代表する気持ちで、お取引先様と信頼関係を構築していくのがお仕事です。

一般スタッフ(生産管理、または、荷造り販売管理)

トマトの部門方針に沿って計画を実現させます。農福連携も需要です。
計画を事前に準備し、植物の細かい変化に敏感に対応できる方が向いています。

PROFILE

株式会社井出トマト農園
株式会社ファームオーエス
代表取締役井出 寿利

1980年
神奈川県生まれ
2003年
日本大学生物資源科学部卒
不動産賃貸営業を経て、セールスを体得する。
ブランディングや、顧客目線の商品づくりを行う。
2007年
農業経営移譲し、ハウス内環境に着目した生産工程のプロセスと植物生理を考えた生産を行う。
2011年
テレビ番組に出演を機会に、売上1億円越え生産者となる。
2014年
井出トマト農園を法人化。代表取締役に就任。
2016年
経営コンサルティング指導受け、マインドセット、マーケティング、ブランディングなど意欲的に学ぶ。
2017年
大玉トマトの収穫量は2008年の15kg/m2から2017年には36kg/m2に増加。年々増加させている。
生産ノウハウを生かし、他経営体のコンサルティングを行う。
2018年
株式会社ファームオーエス設立。代表取締役に就任。

これまでの講演実績

千葉大学土葉会、日本土壌肥料学会、日本大学生物資源科学部、毎日新聞社全国農業コンクール、全国野菜園芸技術研究会、日本養液栽培研究会、神奈川県農業経営士会、(株)誠和、ハイポニカ研究会、サンキンB&G、高知県農業会議、宮城県、福井県、次世代施設園芸研究発表会

ACCESS

〒252-0826 神奈川県藤沢市宮原2420
Tel:0466-65-0719 Fax:0466-65-0721

お車でのアクセス

圏央道 寒川北ICより5分

電車でのアクセス

JR相模線「倉見駅」よりタクシーで5分、徒歩27分
小田原線・相鉄線「海老名駅」よりタクシーで15分
小田原線「湘南台駅」よりタクシーで18分

実際に見て、感じて、話そう!
農園見学会
人材育成~従業員満足~顧客満足までが私たちの仕事です